個人事業 FLW-sato

個人事業主となりました。日々のお仕事への感想や、収益。節約、やらなければいけないことなんかを書いていこうと思っています。

Crowdworksで見かける誤字脱字チェック

私が決してCrowdworks等のクラウドソーシングで行わないタスクに

 

「キーワードを検索して誤字脱字チェックのお願い」

 

という業務内容があります、何で何件も募集してるの?何が目的なの?という方もいらっしゃるかと思いますが、これは検索順位を上げる為の方法を知る必要があります。
正直なところ、「ズル」をしているわけですから、そのズルについて学びましょう。

 

検索順位が変動する要因

Google検索やyahoo!検索等で検索上位を目指すサイトは「キーワード一致率」や「読者滞在率」というものを気にします。
これは、検索してきたユーザーがそのキーワードについての情報を読んでいるのかどうかを検索離脱率(「欲しい情報が無ければ再度検索する」人の割合)や読者滞在率(サイトの情報を読んでいるのかどうか)等で適切な情報であるかを判断しているわけです。

 

さて、本題の誤字脱字チェックは「キーワードで検索」して「サイト内容を何分間以上読んで下さい」みたいな事書いてありますか?
誤字も脱字もチェックした所で意味ないです、発注者は「サイト順位を故意にあげようとしている」わけです。
Google検索順位を上げることはサイト収益を上げることになるので気持ちは分かりますがアンフェアじゃないですか?
ドメイン育成を急ぎたい気持ちも分かりますが、手動ペナになるまで稼げればいいという考え方ですよね、私は好きじゃないです。
本当に誤字脱字チェックがしたいならwordでも使ってやればいいわけですから。
見識者は見抜いてますし、内容が全く無い情報であれば検索するユーザーにとっても害悪じゃないですかね。

 

嘆かわしいのはCrowdworksのワーカー

Crowdworksのワーカーは全然こういった知識がないんでしょうか…、敢えて乗っているんでしょうか?
私には分かりませんが、もしこの記事を読んでくれた方がこういった検索順位の変動に加担するとなると悲しいですね。
情報の質や量、読者が求めているサイトページを作る事に必死になっている人と比べてしまうと、どうにもやるせない気持ちになります。

ズルするやつは手動ペナを食らいますように。
独り言ですけどね。

アフィリエイターに稼がせる為の記事を書く心得

アフィリエイトで稼ごうとしている人にとっては「どうやって稼ぐか」は重要な事ですよね、ライティング技術はライターに任せて運用や発注で粗利を出して…と考えることになるかと思います。

 

さて、ライター視点では「継続した仕事の受注」が出来れば特に言うことはありません。
しかしながら稼いで貰わなければそれがライターに反映されることもありません。

 

従って、どの様にして稼いでもらうかを考える事も重要視することになります。

 

アフィリエイトシステムを理解する

自分の執筆した作品、文章がどの様に使用されているかはいつも考えなければなりません。
ライターの文章が必要となるシーンは主に3つあります。

①自サイト流入の為のSEO対策記事
②読者滞在数を上げるための情報記事
アフィリエイトリンクへ流出を促す教育記事

 

クライアントとなるアフィリエイターの方がどの記事を欲しているのか…これは常に考えなければなりません。
アフィリエイターの方は逆に発注時にこの3つの内どれであるかを常に考えておいて欲しいと思います。

我々はぼーっと記事を書くだけのものではなく上手に使えば何倍もの利益を生み出す可能性があるので、ライターを教育するという事も大事な要素の一つです。

アフィリエイトシステムは基本的にリンクを踏む、商品を買う、会員登録する、等の成果報酬がメインとなります。
クラウドソーシングサイトの主な発注者はこうしたアフィリエイトシステムや広告収入をメインとしている方々になるので、何に使われるのかを常に考えておきましょう。

 

サイト構築に疑問がある場合

ライター視点ではメインコンテンツを作成するわけですからサイト構築に触れる事も多々あるかもしれません。
我々から言えることは殆どありませんが確認や質問は是非したほうが良いでしょう。
構築に疑問がある、運用に疑問がある、SEO対策に疑問がある。色々な事を取り上げて触れてみましょうクライアントから面倒だと思われる位で丁度良いのです。

信頼のおけるパートナーとなることが大前提。不信感が出てきたら払拭するのは難しい、従ってなるべく自分を出して、相手を引き出す、文章を上手く使いましょう。
稼いでもらう事が一番文字単価のアップに繋がるのですから。
どんどん指摘してみてください。新規案件を貰えるかもしれません。

 

文字単価に疑問がある場合

これは非常に難しい話です、自分が受注する最低のラインを決めることも大事ですが。
稼いでもらえていないクライアントは出したくても出せないのが当たり前です。

一件一件丁寧に仕事をさせてもらい、かつ稼いでいるはずだと感じているのであれば打診するのも良いかと思います。
しかしながら、基本的には相手から文字単価のアップを言ってくるまで待つのが良いでしょう、最初から高くして雇いませんか?って言われても。
貴方の技量も分かりませんし何とも言えません、と言われるのがオチです。

 

アフィリエイトシステムで稼がせるには

文章は流れがあります、ブログ記事とかなら思ったことをまとめていくだけでも読めるんですけど。
流れを構築し理想の読者像を作り上げ、その人がどんな行動に出るのかを考えましょう。

途中でgoogle検索に戻ってしまう様な記事を書いてしまうのはよくありません、読者離脱率が高くなってしまいSEO面でも不利ですし利益を生み出さないのです。
従ってなるべく「興味を引く文章であること」「アフィリエイトリンク先に飛びやすくなること」等を念頭に置いて執筆しましょう。
アフィリエイトシステムを商売にしている方はこうした情報をセミナー等で購入しています。
何がいちばん大切か?やはり稼いでいる先駆者から学ばなければなりません…。
色々な要素がある中で何を強めたサイト運営をしたいのか、確認していきましょう。

1つの出来事から何処まで発想を飛ばす?

今日は木曜日、プレバトの日ですね。
プレバトといえばやっぱり俳句、その俳句のお題を見て「発想を飛ばす」という言葉が良く出てきます。
この言葉、自分はとても好きなのですが、発想を飛ばすというのはどういう事でしょうか。日常生活の中でも発想を飛ばすという事は可能かを考えてみます。

 

Paypayが500億円配るというキャンペーンを開始しました。

PaypayはQRコードで資産を売り買い出来る方法です。
利用者からすると一つ手間が増えていますが、販売者側から見ると導入が非常に楽で、かつ分かりやすいシステムになっています。

2019年はキャッシュレスが加速する時代になるのでしょう。

 

去年は仮想通貨によって一躍キャッシュレスシステムが注目されました。
来年は「どのキャッシュレス」が覇権を取るのかが、大きな焦点になるのではないでしょうか。

Paypayの様な導入が簡単で使い方に一つ手順が必要なもの。
キャッシュカードによる手数料(金利)が必要でサポートが充実しているもの。
仮想通貨のように誰かが管理するものではなくシステムだけで回る様なもの。

いずれにしても我々消費者からするとキャッシュレスの波に乗ることが大事になってきます、紙幣や硬貨というものが時代から排除されていくわけです、これはどの様な利点があるのでしょうか。

 

強盗はむしろハッカーとなる。

銀行にいっても紙幣を持ち出せば良いという話にはなりません、むしろ銀行自体が少なくなります、地球全体で見れば大幅に人件費は浮きますし、金庫というものも殆ど無くなります。
紙幣や硬貨というのは地球の資源を使用しているので有限であり環境保全にも繋がりますね、良いことですが仕事の数はもしかしたら減るかもしれません。
勿論、サポートが篤いシステムが残ればそういったことにはならないでしょうが、いずれにせよこの先10年20年でどのシステムが覇権を担うのかは要注目です。

そして、見出しのように数字を動かすことで資産を増やすことになるので、強盗は意味を成さない物になります。
教育をきちんと受けて頭が良い人が利益を出し、頭の悪い人は這い上がることが難しい社会になりつつありますが、更に加速していくのでしょう。

 

数字を稼ぐというのはアフィリエイトシステムにも似ている?

私達ライターの主な取引先はアフィリエイトシステムを利用した個人サイトオーナーになりますが、こうしたオーナーはいつも数字を気にするものです。
むしろ気にしなければいけません、稼ぐためには流入数、滞在数、流出数、色々な事に気を回す必要があります。

プロのライターは基本的に「PVを上げる記事が欲しい。」「SEO対策の記事が欲しい。」「滞在時間を上げる記事が欲しい」「読者育成用記事が欲しい」等、まず大まかな理由があれば記事を書くことが出来ます。

クラウドソーシングサイトではこうした前提条件が分からない仕事が多く、クライアントの文面で大体の技量が分かってきます。

なんだか曖昧な文章だなぁと思ったらクライアントの育成をすることもプロのライターに求められていることですね。
適当に書き殴りました。今日は「良い肉の日」。

馬肉を食べます、それでは。

お久しぶりのブログ更新

はてなブログなんて持ってたんだなぁ…

すっかり久しぶりなので忘れておりました。さて本題。

 

はてなブックマークの不正利用を推奨するセミナー等の摘発について

CrowdworksやLancersといったクラウドソーシングサイトで時たま声をかけられる案件の一つに時間指定でブックマークしてほしいという案件があります。

 

私はこうした案件に関しましてはなるべく触らないようにしています。何故って言われても難しいのですけどね。外部SEOの一環だし有りだと言う人もいます。

 

ただ、私のクライアントは量より質。必ず読者へプラスになる情報を提供したい。
こういう人の方が成功しているし単価は右肩上がりで上がっていくんです。

 

そういう人についていったほうがライターとしては嬉しいですし、収入も増えるじゃないですか。
私は一日本気でライティングすると2.3万文字程度を書くことが出来ます、逆にこのライティング時間を全てライティングに当てることは殆どありません。

 

インプットが必要な案件、アウトプット形式が難しい案件(図表や可視化、文章上でグループ分けを必要とする等)。
妄想で文章だけがっつり書いてくれ、ならいくらでも書けます、小説でも良いんですからね。

 

何が言いたいの?

話が逸れました、がっつり。
何が言いたいのか、それは別にこういったいわばズルい方法を取ったとしても上手くいかないんじゃない?ってことです。

 

クライアントはライターの質を上げるための努力をしていますか、教育していますか。
私はクライアントにお金を頂きながらもがっつり教育して貰いました、独り立ち出来るようになりました、外部SEOの手法も学びましたし、文章で読者滞在率を上げる努力もさせて頂きました。

 

今のクライアントにはそういうのを感じる人が少ないのです、出来る人は凄い、僕が使っている低単価なライターはダメだ。
少しでも収益を上げるために裏技を使おう、裏技が禁止された、どうしよう。

 

これでいいんですかね…?

 

貴方の理想を文章にして下さい。

貴方の理想像を誰かに伝えられますか、一つの疑問点も無く文章を書き上げることが出来ますか。
私には不可能です、なので今クライアントと努力して作り上げているものは正直言って他のサイトさんよりも質が良いです。

 

そういう努力からしてみてくださいよ。ほんと。
ライターに伝えられなくて作り上げられるわけないじゃないですかw
それでライティング技術がどうのこうの言われてサイト順位上がらないのは質が悪い記事のせいって言われてもですね、違うでしょ?
あ、別にこれを良しとしているクライアントの方もいると思います。
ただ、相互で学ぶことを辞めたらそのコンテンツって全然面白いものでもなんでもないですよ。

 

「ハム将棋はめちゃくちゃ弱いから、初心者が始めるにはおすすめですよ」

いつも書いているブログ内容とは全く関係無いお話、いや脈絡の無さは諦めて貰うとして、私が好きな将棋のお話。

将棋と言えば電王戦というタイトル戦でタイトルホルダー VS AI将棋の一戦がありました、佐藤天彦名人(叡王)VSPonanza(電王)です。

残念ながら見どころはありませんでした…8八歩が敗着になるのか、どうにも苦しい展開が見ていて辛かったです。

中盤戦の途中で佐藤天彦叡王が投了されていましたね、評価値を見ずとも、状況で已む無しといった処でしょうか。

私はまだ将棋を始めて一年足らずのぺーぺーなので、人の将棋を評価するほどの棋力はありません、上手くなりたいと常々思っておりますが…。

続きを読む

国賊民進党に代わる野党第一党を考える

国賊と揶揄する表現が正しいか間違っているのかは分かりません。

しかし民進党の方針及び議員の国会発言を鑑みるに最も相応しいのは「国賊」という表現に行き着くのが私の中での結論です。

何故そこまで行き着いてしまったのか…野党第一党を決めるのは私達の一票です。

 

偏向報道の結果

多くの視聴者・読者の皆様は恐らく連日の「森友学園」に関しての報道にウンザリしているかと思います。

かくいう私も同様で、国民の疑念を晴らす!なんて息巻いていますが、対外的にもそんな話題を追求し続ける国会運営費に血税が燃えている事態を見過ごす事が出来ません。

もっと国会では違った事を論ずるべきではありませんか。

野党第一党民進党の「忖度」についても言及したいと感じている国民は多いのではありませんでしょうか。

震災時に集めた義援金3600億は何処へ?

海外への義援金・国内の義援金、集める口座が共通で使われ方は不透明。

この言及先は当時、国交省副大臣及び災害ボランティア活動担当であった民進党所属の辻本清美議員に集まっています。

多くのメディアではこの事実を報道するに至っておらず、あくまで民進党支持の姿勢を見せており、報道関係各社に対する「報道しない自由」に関しても言及したい所です。

国会運営費は一日3億程度と言われていますが…「首相が関与していたら辞任すると言ったからやっている」

なんて民進党議員からの発言がありました…。

「気心を加えた行政サービスを首相が支持していたら」辞任されると確かに仰っていましたが、その辺の新事実は出てきましたでしょうか。

私には論点をズラし、解釈をズラし、暴走している野党第一党の姿が見えています。

 

野党第一党を考える上で

自民党に国会権力の集中が成されてしまう事態を良しとは見ていません。

少なくとも対立する協議相手というのは必ず必要だと考えているわけではありますが…、民進党を支持されている方々は数値から見ても世論を見ても少数派となってきました。

ネットで騒がれている様な日本人ではない方々の支持の元民進党が頑張っている、なんていう陰謀論とも取れる極論はあまり信じておりませんが、国益に反しているという一点においては国会運営に無駄な質問をぞろぞろと持ち寄っている民進党議員を推すことが出来ません。

政権を倒す事が私達の使命だ。

そう言わんばかりの姿勢ではありますが、違います。

国会議員の使命は国民の代表として日本国の方針、あり方を決定、精査することであり、日本国を良くすることに尽きるはずです。

自民党が政権を握っている状態が「悪」であると立証されるのであれば良いかもしれませんが、海外にゴタゴタしている国が複数ある中で保守的な姿勢を見せる議員を多く擁している自民党が政権を握っているのは「悪」ではないと考えます。

安倍首相が保守派であるという見方をしているわけではありません。

むしろ自民党内では革新派であると私は考えますし、独裁者であると揶揄されてしまう程の一面を持っている熱い方だと思っています。

私が好きな政治家は麻生太郎副総理です、あの笑顔が大好きです。

 

私の一票は何処へ行くのか

本題に入ります。

無難に自民党へ一票を入れる事も考えますし、次の野党第一党となりうる可能性がある政党を支持したい気持ちもあります。

自・公両党は良くも悪くも大きすぎだと思っている次第で、バランスを欠いている状態だと思っています。

やろうと思えばどんな法案も他政党を無視して通すことが出来る、そんな状態が良いバランスな訳はないのです。

しかし民進党旧民主党の信頼は地に落ちていると私は考えますし、間違っても一票をそこへ入れる事は避けたいと考えています。

鳩山元総理が慰安婦問題において議員として…謝罪するなんて暴走を見過ごしてはいけないのです、国益を守るためにも。

民主党政権時の負債はまだまだ日本の立場・経済で足を引っ張っていると考えている中ではこうした政党を支持することが出来ません。

かといって、何処が良いのか?

ニコニコ動画等の動画サイトでは維新の会の足立議員がとても人気を集めている様子で、面白い質問をされる方なので私も好きではありますが。

革新的過ぎて日本的ではないと考えてしまうのは可笑しい感覚なのでしょうね。

もし読んで下さった方の中で意見を教えて頂ける方がいれば是非とも参考にしたいと考えています。

 

総選挙になるわけでもないのに気が早すぎ!なんてご指摘を受けるかもしれませんが、決めるまでの期間は長い方がいい、そう思っている次第です。

DeNAの記者会見、「Welq」についての話がありましたね

f:id:dent-nao:20170315170459p:plain

 

13日、一昨日ですが、全容を確認するのに手間取ってしまい今更に記事に致しました。

ちょうど半年前に

dent-nao.hateblo.jp

という記事でWelqに対する意見を書いた事がありましたが。
まぁ、当たり前の様に大事になり閉鎖まで至りました、沢山の著名人の方や発言力のある方々が声を大きくして抗議した結果だと感じました。

Welqの記事について問題となるのは記事を曲解した認識で書いてしまう書き手、それを特に問題視しない編集、そして引用ルールを徹底していない姿勢とこれだけ大きなキュレーションメディアとするのであれば監修職が必要であったことだと思います。

現在、ライティングの案件について「ヘルスケア」についての記事を敬遠しているクライアントさんは多くなっています。

 

続きを読む