読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人事業 FLW-sato

個人事業主となりました。日々のお仕事への感想や、収益。節約、やらなければいけないことなんかを書いていこうと思っています。

引用のルールを再確認しておこう

まず初めに…先ほど此方の記事を読ませていただきました。

【DE●A】キュレーションメディアの依頼の実態を掴んだ結果マジで酷いことになってます! - 29歳コンサルタント女子が異世界から思うこと

 

キュレーション案件というのは今まで手を出した事がなかったのと、画像がCrowdWorks社の案件ページだったので興味を持ったのがきっかけです。

で、思ったのが…これは引用ではなく盗用であり著作権侵害であるのではないかということです。

ブログ筆者のmecchanikukyuさんは引用という表現をされていましたが、そもそも引用とはどういうものなのでしょうか?

 

 正しい引用のルールとは

  • どうしても引用しないと話が進まない、引用を行う「必然性」がある
  • 自分のオリジナルの文章が「主」、引用部分は「従」である
  • 引用部分は、ハッキリと他の部分と区別されている
  • 引用部分を勝手に改変していない
  • 引用させてもらった出典元が明記されている

引用元:ビジネスWebデザインアカデミー

正しい「引用」のルールと著作権について より抜粋。

 

ここで「主従」という表現がありますが、これは文章量によって変わるもの、引用の方が多ければそれは主従関係が成り立ちませんので、盗用となります。

つまり、私は今回引用していますがこれにより内容量/文字量が引用文よりも多くなければ盗用となってしまうので、きっちりと自分の考えを書くつもりです。

 

で、問題のキュレーションサイトとやらは

 

拝見させて頂いた所、まず引用元がありません。
そして内容量も主従関係が成り立ちません(そもそも引用文としていないのでその時点で盗用です)。

こうした著作物には権利があるので1次製作側は正式に抗議、訴えを起こすことが可能です。

しかしながら引用を防ぐことは出来ません

文章に限らず著作権の発生するものは法律で引用が認められているのです。

従って、最初にご紹介したブログライターさんのお怒りは盗用によるものであり、引用された事ではないと、推し量ることができると思うのですが…。

そもそも上位検索に引っかかっているからムカつく!というのは、違うのではないでしょうか。

 

SEO対策を怠っていませんか?

 

おそらく感情的に書き上げた記事だと思うので、あまり挙げ足取りのような事を書くのは忍びないのですが、引用をきちんと行いSEO対策をきっちりとした記事であれば引用元よりも検索上位に表示される事は儘あると思います。

そうした背景からSEO対策記事が執筆できるライターさんが近年評価され続けていると私は考えるのですが、如何でしょうか?

といっても、今見返すと私のブログもきっちりと引用ルールを守っていないのでこれから修正していかなければいけませんね。

 

とても良い記事、良い機会を持てたと思います。
ルールを守るのは大切なことですね。