個人事業 FLW-sato

個人事業主となりました。日々のお仕事への感想や、収益。節約、やらなければいけないことなんかを書いていこうと思っています。

SEO記事の新たな知識

SEO対策をお願いされる記事の執筆が最近多いので、内部SEOや外部SEOについて色々とチェックしている私ですが、「長文」というジャンルについてこれまで否定的な視点を持っておりました。

というのも読者は「簡潔な答えが欲しい者」と「詳しく知りたい者」とで別れ、必然的に両者の間に滞在時間の差が生まれてしまい、評価が一定とされないのでは?という認識を持っていたのです。

 

Crowdworksの「おしゃべりルームβ」で

おしゃべりルームβとはいわゆるワーカークライアント問わず書き残しや交流する場所、SNSで言う所のスレッドに集う呟きの様な場所です。

そこでSEO面において長文は一種のトレンドであるとご教授頂きました。

ロングテール集客において長文は短文より語彙数が必然的に上がり、SEO面で有利であるという記事もあれば、私の様に滞在時間に開きが生まれてしまいペナルティを受ける事もあるのではないか、という認識をしている方もいるのではないでしょうか。

こういう時は先駆者の意見を調べるのが手っ取り早いので調査しました。

 

 

滞在時間とワード離れ

GoogleはKWの検索を辞めた時点でそのサイトには有用な情報が載っていると判断します、これは短文でまとめられたページよりも長文の方が濃密な情報をお届け出来る為有利であると言えるでしょう。

滞在時間においても興味の無い人間はそもそも検索をしないため、興味のあるユーザーが集まる可能性が高く、多くのユーザーが最後まで読んでもらえる様な導入部であれば長文のページを作成した方が有利に働く、という考え方で良さそうです。

ビッグキーワードであれば長文である程に検索上位に掛かりやすくなっており、情報量も濃密でなければいけないため、ライター視点で見ていけばあれも説明して、これも説明して、というフォルダ分けをきっちりとしておかなければ文章として成り立たない可能性があります。

私はSEO対策記事を依頼された時、まず共起語検索をします。

http://neoinspire.net/cooccur/
共起語検索ツール

これによってユーザがどんな答えを求めているのかをまず調べることで、回答すべきページの概要、意識して使っていきたい単語が決まります。

また検索上位のページではどれくらい軸・サブKWを用いているかも調べます。

ここにあるリンクから飛ぶと分かりやすいのですが、本当に良く使わせてもらっています。

www.ginzametrics.jp

 

結論から言えば長文は有利かもしれないけれど短文も有利

短文記事と長文記事はそもそもの役割が違う、という考え方です。

なるほど、これは分かりやすい、と思いました。

affiliate-jpn.com

長文記事はメイン(読者層の獲得等の新規開拓)

短文記事はサブ(読者層の定着)

として新しい知識をどんどんと発信する為に利用するべきであるということになります。

実際この理論は非常に分かりやすいです。どちらも必要なものだけど、どちらが偏っても上手く立ちいかないということ。

SEOは基本的に新規のみを対象にしている場合が多いと思うのですが、長文ばかりではいけない、短文も必要とする理論ですね。

私はこの理論を支持したいと思っています、勿論長文のみを発表しSNSツールでコミュニケーションを図ることも長文・短文の意味合いで言えば正しい考え方なのだと感じました。

 

ライティングする上で重要なのは?

私が思うに長文だからダラダラ書くのではなく、長文を求められているが圧縮度は変わらず、情報量を増やすことが最重要である。ということ。

単語にも幾つか意味があり、それを網羅することが読者への解となるのではないか、という考え方、SEOで言えば共起語やロングテールKW、ユニーク単語といったものも網羅することが大事なのだと。

勉強になりました。お仕事下さる方に100%の満足を届けるために活かしたいと思います。

mega3さんこの場を借りて感謝致します。

100%理解出来たとは思わないのですが、少しずつ近付けるように頑張ります!

 

あ、ライティングのお仕事一段落しているので誰かお仕事下さい!

crowdworks.jp

www.lancers.jp

Crowdworks、Lancersどちらでも構いませんよー!w